phoneお問合せ 社)日本フードベーカリー協会 03-6672-8751 (12:00~18:00)
パン屋を開業・経営するための準備と手順は?
2021 4/20 update

パン屋開業ノウハウ パン屋を開業・経営するための準備と手順は?

記事更新:2021/06/11

焼き立てのパンは凄く美味しいですから、パン屋さんでパンを購入する人は非常に多いです。そんな素敵なパン屋を開業したいときにどんな準備をすればいいのかを知っておくと役立つと考えられます。パン屋開業を成功させるために必要な手順や流れを分かりやすく説明していきます。

経営のコンセプトを決める

パン屋開業を考えているときにまず必要になるのが経営のコンセプトを決めることになります。経営のコンセプトではパン屋で実際に販売したい商品やどのようなスタイルでパンを販売していくのかを決めいくので、パン屋開業を成功させるためには欠かせないポイントです。

どのような目的を持ってお客さんにパンを提供していくのかを明確にしておくことにより、パン屋の経営を上手く軌道に乗せられると考えられます。経営のコンセプトを決めるときに、経営をしたことがない人がいきなりチャレンジするとスムーズに決められない可能性が高いです。

そんなときに専門的な知識を学べるスクールに入学することで、必要な知識を安心して学んでいくことができます。ベーカリーコースなどでパン屋開業をサポートしてくれる専門スクールが実際に存在しますから、サポートを受けること自体は難しくありません。

専門スクールでパン作りの基礎を学んでいる最中に自分だけの経営のコンセプトを思いつくケースもありますから、悩んでいる場合はスクールに通ってしまったほうが夢を実現しやすいです。

必要な段取りや基本的な流れを確認しよう

パン屋開業をする流れとしてプロの製造技術を学ぶことも必要になります。いきなりパン屋を開業しようとしても販売するパンを上手く作れるようになっていないと経営は上手くいきません。

パン屋を開業するということは自宅で家族にパンを振る舞うレベルではなく、お客さんに大量のパンを提供していく必要がありますし、基本的に販売するパンはどれも品質を均等にする必要があります。

実際にパン屋で働いた経験がある人であれば、必要になる設備などを理解していると考えられますが、実務経験がない人は専門スクールで製造技術を学んでおいたほうが安心です。

実務経験がある場合はどのような場所でパン屋を開業するのかを決めていき、開店に向けた準備を進めていけば問題ありませんが、実務経験がない場合は専門スクールに通うことで最初の流れに上手く乗れる可能性が高いです。

自宅を販売店と使用できるケースもありますし、どこかで物件を借りる形でパン屋を開業することもできます。コンセプトを決めた後は販売したいパンをしっかりと製造できる技術を積んでいき、その後に実際にお店を出店する場所を決めていくのが通常の流れです。

パン屋開業に必要な手続き・資格

パン屋を実際に開業するにはやらなければいけない手続きが存在します。まずは保健所に出向いて営業許可申請をおこなう必要がありますが、これはパン屋に限らず飲食店を開業するときに必要になる手続きになります。

パン屋の工事を開始してから完了するまでの間には書類を提出しておく必要がありますから、できるだけ早めに営業許可申請はおこなっておくのが大切です。パン屋の工事が完了してお店が完成した後に検査がおこなわれますから、そのときに店内が条件にクリアしているのかを隅々まで確認して貰います。

そのときに条件をクリアしていると判断されると営業の許可が下りるので、パン屋として堂々と営業をしていける状態になります。また必要になる資格として食品衛生責任者資格を取得しておくのが開業の条件になってきますから、しっかりと開業に向けて資格の取得もしておくのが大切です。

食品衛生責任者資格を取得するには講習を受講することで取ることができますから、そこまで難易度の高い資格ではありません。食品衛生責任者養成講習会を受講することで資格が取得できますが、そのときに受け取れる受講修了証が食品衛生責任者資格を証明する証明書に該当してくるので、営業許可申請をするときに一緒にその受講修了証を提出しておく必要があります。

食品衛生責任者養成講習会は定期的におこなわれていますから、各自の受講しやすいタイミングで講習を受けることが可能です。パン屋開業をサポートしてくれる専門スクールに通えば、これらの必要な手続きや資格についても分かりやすく教えてくれますから、自分だけでパン屋を開業するのに不安を抱えている場合はスクールで学んでからのほうが安心できます。

パンは日本でも多くの人に愛されている食べ物になりますが、実際にパン屋を開業したいと考えたときは最初に経営コンセプトを考えておくのが大切です。経営コンセプトを決めておくことで、どんな場所でどんなパンを販売していくのかを明確にしておけるので、経営をスムーズに軌道に乗せられます。経営の経験やパン屋を開業した経験がない場合は経営コンセプトを自分だけで考えるのも難しいですから、専門スクールに通ったほうが安心できます。またパン屋開業をするには保健所で営業許可申請をおこなう必要がありますし、食品衛生責任者資格も必要になりますから、事前に準備しておく必要があります。またパン屋を成功させるにはプロの製造技術を学んでおく必要がありますから、パン屋開業に必要な知識と同時に製造技術についても専門スクールで学んでおくのが強みになります。

※コラム内容はPNパン人の見解です。
所属する組織、及びこのサイトの公式見解ではありません。

著者
パン人
description関連記事
Help

パン人どっとこむのご利用

各種お問合せ
サービスのご利用・開始方法や掲載内容、その他ご不明な点など、
何でもご相談ください。
新規登録特典
開業の手引書
プレゼント
phone 03-6672-8751 12:00~18:00