phoneお問合せ 社)日本フードベーカリー協会 03-6672-8751 (12:00~18:00)
パン屋を開業したい!月収、年収はどのくらい?儲かるの?
2021 4/1 update

パン屋開業ノウハウ パン屋を開業したい!月収、年収はどのくらい?儲かるの?

記事更新:2021/06/10

パンはご飯と同じく日本で愛されている食べ物ですから、ビジネスとしても魅力的な存在になります。パン屋を開業することで、パンを販売しながら豊かな生活を手に入れられるチャンスがあります。パンを販売することでどの程度の年収が手に入るのかを知っておくとチャレンジしやすいと考えられますから、平均的な月収や年収を紹介していきます。

パン屋の年収は?

パン屋が自宅の近くにあると焼き立ての美味しいパンを食べることができるので嬉しいですが、自分でお店を開業したいと考えている場合は年収がどのぐらい貰えるのかを知っておくと便利です。

基本的にお店の規模や立地条件の他に営業する時間の長さによっても変動してきますが、平均的な年収は350万円ぐらいになると考えられます。月収にすると大体30万円程度になってきますから、手取りを考えた場合はそこから税金や年金などを差し引いて残った金額になってきます。

最初にパン屋を開業するときにパンを焼くためのオーブンやパン生地をこねるためのミキサーの他に材料を保管しておく冷蔵庫などを揃える必要があります。

また賃貸物件でお店を開業する場合は毎月の家賃を負担する必要がありますし、初期費用でローンを組んでいる場合はローンの返済分もしっかりと用意しないといけません。

パン屋をやっていた居抜き物件を見つけることができれば、初期費用を大幅に軽減できる可能性もありますから、どのように開業するのかも年収に大きな影響を与えてきます。

パンの製造技術を学べたりお店を開業するための知識を学べる専門スクールが日本には存在しますから、そのようなスクールを賢く活用していくと効率的な開業を実現できる可能性が高いです。

知識を持っていない状況で開業をすると、後から収入の面で不安定になってしまうリスクがあることは理解しておくのが大切なります。

パン屋って稼げるの?

パンを販売して生計を立てることを決意したときに、実際にどの程度稼げるのかが気になると考えられます。パンは基本的に小麦粉などの少ない原料で製造することができますから、コストを上手く抑えながら利益の確保を狙いやすい特徴があります。

小麦粉の相場自体は変動をするのである程度の価格の変動を想定した上でビジネスを展開していくのが大切です。小麦粉などの原料を上手に仕入れる方法なども個人では知識を持っていない可能性が高いので、パンに関わる勉強ができる専門スクールに通ったほうが安心できます。

ビジネスとしてパンを製造して販売をする場合は自宅で美味しいパンを焼くのとは違い、利益を狙っていく必要があります。パンをただ焼いて販売をするだけでは利益の確保を狙うのは難しいので、原料を安く仕入れるテクニックやパンの価格の上手な設定方法などを勉強しておくのが大切です。

いきなりビジネスを開始してしまうと勉強をする時間を確保するのが難しいですから、基本的には最初にスクールに通って勉強をしておいたほうが失敗しにくいと考えられます。

どんなビジネスでもそうですが、知識を持っている状態と持っていない状態では、そのビジネスが成功する確率に大きな違いが発生するはずです。

パンは多くの日本人に人気のある食べ物ですし、クオリティの高いパンを焼くことができれば、高額な料金でお客さんは購入してくれるようになります。

パンを高額な価格設定で売ることができれば、それだけ利益率が向上していきますから、大金を稼げる可能性が高いです。

パン屋って稼げるの?

飲食店などには人気のあるお店と人気のないお店が存在しますが、人気の高いお店を経営している人のほうが通常は年収が高いと考えられます。

パン屋も同じですべてのお店が人気があるのではなく、人気のあるお店と人気がないお店がどうしても発生してきます。人気のないお店でもある程度の収入を確保することができますが、人気の高いお店はどのぐらいの年収を手に入れているのかが気になるポイントです。

人気が高いといっても販売している地域によって多少の違いがあります。大都市などの人口が多い地域で人気のお店になることができれば、収入も凄いことになりますが、小さめの街で人気のお店の場合では平均的な年収を多少は超える程度と考えられます。

人口の多い地域で人気のパン屋になることができれば、1000万円を超えることも夢ではないので、かなりの高収入を得ることが可能です。パンを販売する価格を高額に設定しながら、しっかりと売り抜くことができれば、より高い収入を得ることもできます。

人気の高いお店の商品は多少価格が高くても売れる傾向にありますから、より有利な条件で経営ができています。専門スクールに通うことで、人気のあるパン屋で提供されるレベルのパンの製造技術などを学ぶこともできますから、高収入を得たいと考えている場合は欠かせない存在です。

パン屋を開業するときにどのぐらいの年収を確保できるのか気になる所ですが、平均的には350万円程度は確保できると想定できます。税金や年金の他にお店を開業するときに必要になった設備投資に対するローン返済などをそこから差し引くことになるので、手取りは350万円より少なめになる可能性が高いです。小麦粉などの少ない原料でパンは製造することができるので、専門スクールで上手く経営するコツを学ぶことができれば稼げる仕事には該当してきます。人気の高いパン屋であれば1000万円以上の年収を確保することもできますから、魅力的なビジネスです。

※コラム内容はPNパン人の見解です。
所属する組織、及びこのサイトの公式見解ではありません。

著者
パン人
description関連記事
Help

パン人どっとこむのご利用

各種お問合せ
サービスのご利用・開始方法や掲載内容、その他ご不明な点など、
何でもご相談ください。
新規登録特典
開業の手引書
プレゼント
phone 03-6672-8751 12:00~18:00